世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

農プロデュースRitzさんの きららベジファクトリー

にいがた産業創造機構が進める「ふるさと起業家応援事業」のビジネスプラン・コンテスト。
https://www.furusato-kigyouka.jp/
先日、最終審査会が開催され、見事Rtizさんのプランは優秀賞の3名に選出された。


事業の柱は、
「廃棄される農産物の付加価値化、育児中の母親と障がい者の働く場作り」
というもの。


規格外となった野菜を一次加工し学校給食などに提供する。
廃工場を加工工場として再生し、保育施設を設けて育児中の母親が働きやすい環境をつくると共に、完全機械化を進めて障がい者が働きやすい工場にする。


Ritzさんは、ご自身が農業法人勤務を経て6次産業プロデューサーとして長年地域に根差して事業を営んできており、そこで突き当たった壁は 地域の抱える課題の「生の声」に他ならない。
人の体温と同じ、赤い血の通う ビジネスプランだと言える。
https://blog.goo.ne.jp/ritz5323/e/cd162fa2c8f245d60b91faa2007a0626
https://blog.goo.ne.jp/ritz5323/e/3eb399dc24134315ba047a4f8396cfb3


この事業が成功し、同じようなイノベーションが全国各地で起きたら、
ニッポンは 今より 幸福感の多い、暮らしやすい国になるんじゃないかな。



ボクには少しばかりのICTのスキルと、ほんの僅かのボランティアに関する知見がある。
これらを用いて、「世の中のモッタイナイ」や「地域の困り事」の解決に役立てたい。


大切なのは、赤い血の通う人の体温の活動をする事。
人と正面から向き合わずして、真実は見えてこない。
その場に身を投じて、共に壁に突き当たり、共に悩むところから始めねば。。


最近、ボクの脳内でちょっとしたイノベーションが起こっている。
トップランナー育成事業」の清水先生に鍵を開けてもらい、
Ritzさんに扉を解き放ってもらった感じだ。
全身にイノベーションを起こし、行動に変革を至らしめるか否かは、ボク自身に掛かっている。

畑ケサカ桜公園(養父市畑(はた)字ケサカ)

穴場中の穴場の桜スポット。(場所は、養父市畑(はた)字ケサカ)

f:id:ict33:20180401224751j:plain

f:id:ict33:20180401224848j:plain

f:id:ict33:20180401224958j:plain

f:id:ict33:20180401225248j:plain

山あいの桑畑跡に、地元の人たちが育ててきたのだそうだ。
アクセスは車のみ。ラスト1.5kmは、物凄い林道を通り抜ける。

 

【現地への道順】
北近畿豊岡自動車道/和田山八鹿道路を養父ICで下りて、r70(県道70号)を右折(東方向:朝来方面)。 ※養父ICは、八鹿方面(北行き)しか出口がありません
600mほど走ると左にr136の起点、左折して(東方向:山東町方面)r136に進入。

f:id:ict33:20180401225614j:plain

f:id:ict33:20180401225726j:plain

f:id:ict33:20180401225801j:plain


2.0kmほど走ると北近畿豊岡自動車道の高架が見え、高架道路をくぐる200mほど手前で右折(南方向)して、ケサカ林道に入る。

f:id:ict33:20180401225835j:plain

f:id:ict33:20180401225901j:plain

f:id:ict33:20180401225939j:plain


残念ながら、ケサカ林道はGoogleMAPにも載っていない。
畑分校跡や乙原神社が右手に見えたら、行き過ぎ。その200mほど手前にケサカ林道への入り口はある。

ケサカ林道は普通乗用車1台分ほどの道幅しかなく、所々に行き交いの為の待避スペースがあるだけである。

f:id:ict33:20180401230140j:plain

f:id:ict33:20180401230211j:plain

f:id:ict33:20180401230313j:plain

対向車と鉢合わせになったら往生しそうな道だ。林道入り口から桜公園駐車場までは、1.5kmほど。

f:id:ict33:20180401230345j:plain

f:id:ict33:20180401230410j:plain

f:id:ict33:20180401230442j:plain

幸い1台も車と出会う事はなかった。

母と桜

今年は例年になく暖かい3月だったので、ここ北区でも早くも桜は満開。
桜を眺めながら歩いている母をパシャパシャ撮っていたら、勝手にカメラの前で立ち止まってポーズをとっていた^^;

f:id:ict33:20180401223514j:plain

母は認知症が進んでおり、私の事も会うたびに「誰やったかいなぁ」
そう言われる度に、少し切なく、寂しい気持ちになる。

山陰海岸ジオパーク ツーリング

【今子浦】(兵庫県美方郡香美町香住区境)

ゆうなぎの丘から、正面(北の方角)の今子浦を望む。

かえる島や千畳敷が見える。右端の断崖の向こう側には、絶景の大引の鼻展望台がある。

f:id:ict33:20171011013526j:plain

 

左手(西の方角)には香住漁港、その向こうには香住海岸が広がる。

ここからの夕日は、「日本の夕陽百選」にも選ばれている。

f:id:ict33:20171011013604j:plain

 

【蒲井浜】(京都府京丹後市久美浜町蒲井)

京都府最北西端の蒲井浜。

小天橋から久美浜湾西岸をさらに西北へ走る。

f:id:ict33:20171011015648j:plain

f:id:ict33:20171011015734j:plain

f:id:ict33:20171011015820j:plain

ここで行き止まりとなるので、静かで落ち着く浜だ。

山陰海岸ジオパーク ツーリング

浦富海岸】(鳥取県岩美郡岩美町田後~浦富)

城原展望所から田後方面

f:id:ict33:20171011010931j:plain

 

【七坂八峠】(兵庫県美方郡新温泉町居組)

七坂八峠展望台から居組港を望む

f:id:ict33:20171011010859j:plain

 

浜坂海岸】(兵庫県美方郡新温泉町浜坂)

f:id:ict33:20171011013142j:plain

玉ノ浦 (和歌山県東牟婁郡那智勝浦町粉白~浦神)

ずーっと以前に家族で那智勝浦・串本あたりを訪れた時、通りがかりにその美しい景色に立ち寄った海岸。

f:id:ict33:20171007173627j:plain

玉之浦は深い入り江になっており、写真の浜は湾口付近になる。

f:id:ict33:20171007173817j:plain

万葉集にも詠われている、由緒ある浜。

f:id:ict33:20171007174055j:plain

湾口付近には粉白川が注ぎ込んでいるが、粉白川に流れ込む支流の「ぶつぶつ川」は湧水のみが水源で、その水はとても美しい。

f:id:ict33:20171007174013j:plain

ぶつぶつ川は全長13.5mで、日本最短の河川である。

丸山千枚田 (三重県熊野市紀和町丸山)

f:id:ict33:20171007172214j:plain

前回の十津川温泉ツーで、偶然「果無集落」を見つけた。

今回は紀伊半島沿岸を走るのが目的だったが、行き帰りが同じコースなのもつまらないので、往路は十津川村縦走にした。

ルートを思案中に偶然見つけたのが、カレンダーにもなっているこの「丸山千枚田」。

f:id:ict33:20171007172451j:plain

古いカレンダーの風景写真だけを残して眺めていたが、こんなに近くだったとは。

果無集落 (奈良県吉野郡十津川村桑畑)

果無集落 ~熊野参詣道「小辺路(こへち)」~

f:id:ict33:20171007171003j:plain

天空の郷と呼ばれる所以がこの風景。果無峠、果無山脈なんて、ロマンのある名前です。

f:id:ict33:20171007171240j:plain

f:id:ict33:20171007171359j:plain

f:id:ict33:20171007171432j:plain

f:id:ict33:20171007171530j:plain

 

熊野古道もちょっと歩いてみた

f:id:ict33:20171007171628j:plain

f:id:ict33:20171007171727j:plain

宍道湖、日御碕

宍道湖(北岸:松江市役所前の千鳥南公園 から南東方向)

f:id:ict33:20170919002926j:plain


宍道湖(北岸:松江市役所前の千鳥南公園 から南西方向)

f:id:ict33:20170919002951j:plain


日御碕海岸展望所から望む日本海

f:id:ict33:20170919003020j:plain

f:id:ict33:20170919003045j:plain

f:id:ict33:20170919003106j:plain

 

十六島湾と十六島鼻の風車群

f:id:ict33:20170919003132j:plain