世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

BYOD考 ~その1.プロローグ~

BYOD・・・Bring Your Own Device
企業の従業員などが個人所有の端末を仕事目的に使用すること。

日本でも昨年あたりからよく言われるようになったのではないだろうか。
一般的には、個人端末を社内ネットワークに接続出来るようにすれば、
不正アクセスによる重要な情報の漏洩や損壊、
ウィルスプログラム・データの持ち込みによる社内機器の感染などのリスクが高くなる。

社給の端末であれば、MDM(Mobile Device Management)を強化したり、新たな仕組みを導入すれば良いが、
個人の端末となると そのような集中管理も難しい。
(技術的にではなく、運用ルールとして…)

諸外国のBYODの状況は、
欧州5~7割、米国4~6割、主要なアジア諸国8~9割
といった統計もあるようだ。

日本は?と言うと、およそ2割程度といったところらしい。
これはやはり、真面目で几帳面といった国民性が反映しているのではないだろうか。
情報セキュリティに配慮し、ルールだってちゃーんと守る、そういう人が多い国なんだと思う。

スマートフォンの小さな画面では、せいぜいメールやスケジュールにWebブラウズが関の山だったが、
今年はタブレット端末がブレイクしそうなので、本格的な業務利用も考えた方が良さそうだ。
APPLEiPadに続き、AmazonKindleGoogleからはNexus、国産でもSONY・シャープ・東芝富士通NECタブレット端末を出してきている。
10インチの大きな画面に高解像度なら、充分に業務端末として使えるのではないか。
(入力I/Fの問題は残るが…)

余談だが、BYODは「端末」だけに限定せず、
ソフトウェアの機能=技術を意味する BYOT(Bring Your Own technology)、
アプリケーションを指して BYOA(Bring Your Own Application)、
クラウドサービスで BYOC(Bring Your Own Cloud Service)
などと言った造語も生んでいるようだ。

遅いWindows、高いMS-Office  ~その2.Officeスイート編~

だいたい 高過ぎるわな、 MS-Officeは。。

で、利用者を無視して傲慢にバージョンアップし、非互換項目も作り、操作性を一新する。
OSS(オープン ソース ソフトウェア)系オフィススイートや他社製廉価版製品への対策として非互換項目を用意し、オフィストレーナー関連のビジネス活性化の為に操作性を一新する。

ホント、頭に来る。
ここでもユーザー不在のビジネスが展開される。

Office97購入以来まじめにバージョンアップ購入し続けて来たが、2003からはそのまま使い続けている。
個人使用に関しては、もう Apache OpenOffice(もしくは LibreOffice)にしようかと思う。

しかし、会社の方は業務アプリとの連携がある為、そう簡単には行かない。
うちはボリュームライセンス方式なので、バージョンアップ時には相当額の買い物となる。

世の中の企業は大半がMS-Officeを使っている筈だ。
数百本、数千本、数万本、 ×数百万社?、数千万社?
もの凄いライセンス収入だと思う。

そんなに開発コストが掛かっているとは思えない。たったあれだけのアプリでしょ?
絶対ボロ儲けのはず。でなきゃ、別のカテゴリで利益を浪費しとるじゃろ。。

以前に OpenOffice.org への移行を検討した事があった。
検証結果からの判断では、表計算もプレゼンもNGだった。

こちらもスマートデバイスのアプリなどが突破口にならないかなぁ・・・

もう暫くはMSの蟻地獄に悩まされる事になりそうだ。。。

遅いWindows、高いMS-Office  ~その1.OS編~

スマートデバイス市場が活気付いている。
昨年のスマートフォンの勢いは、凄まじかった。
今年あたりからは、タブレット端末も勢い付くのでは?…と、個人的には見ている。

パーソナル用途で考えればスマートフォンで事足りるのだろうが、ビジネス用途まで考慮すると、4~5インチの画面は不便だ。
ビジネスパーソンスマホタブレットの2台…といったスタイルが当たり前になっていくのかも知れない。

ノートPCの何が駄目って、言わずと知れた 搭載OSだろう。
とにかく起動が遅いし、動作が重い。
バッテリーも良く減る。
キーボードについては、必要不可欠ぐらいまで思っているのだが。。

ノートPCの形状自体は、長年こなれて来て成熟した有用なものだと思う。
起動が早く、サクサク動き、バッテリーが長持ちし、もっと軽くて薄けりゃいいのに・・・

Androidタブレットが突破口となって、端末としてのWindowsパソコンの牙城が崩れないかな。
ChromeOSやUbuntuなど、PCのテリトリーでもLinuxなどのWindows以外のOSがもう少しシェアを伸ばし、MSの独占状態を切り崩してくれれば、利用者にとってもっと快適な環境にならないだろうか。

古くなってWindowsがドロンとしか動かなくなったデスクトップPCを Puppy Linux で使用しているが、ビックリするくらい動作が速い。

使いもしない機能をどんどん増やされ、そのせいでより性能の良いマシンを買わされる・・・ウィンテル連合のあの戦略は一体なんだったんだろうと改めて感じさせられたものだ。
まさにユーザー不在の開発・販売戦略。。。

クラウドサービス、シンクライアント、仮想デスクトップなどが浸透して行けば、不必要に重装備のWindowsパソコンに生き残る道なんて残されていないように思う。

スーパーコンピュータ 京

かつて事業仕分けで「2位じゃダメなんでしょうか」と言われたスーパーコンピュータ。
受難の時代にくじける事無く、無事2011年度上期・下期と1位になってくれた。
わが街 神戸・ポートアイランド理化学研究所に設置されている、
「京」だ。

TOP500プロジェクトでのランキングでは、
2011年上期・下期に1位を取ってくれた。
最新ランキング(2012年下期)では3位になってしまった。
現在は、クレイ、IBMと米国勢が1・2位を占めている。
(クレイって倒産したんじゃなかったんだ…。懐かしい響き。。)

2012年上期トップ10の国を見ると、
米国3、日本1、ドイツ2、中国2、イタリア1、フランス1 となっている。

技術大国である事を世界に知らしめる為には、
やはり№1になる事は重要だし、
より多く上位にランクインして欲しい。

かつての世界一 国産スパコンと言えば、有名な
地球シミュレータ」がある。
2002年上期から2004年上期までの5期 №1に君臨した。

下世話な話だが、
初期構築費は、
地球シミュレータ…600億円
京…1,120億円

維持費は、
地球シミュレータ…50億円/年
京…80億円/年


・・・ん~
やっぱり、

2位じゃダメなんでしょうか ^^;

不愉快なコラム 「国民が下した『脱原発』への審判」

少し前になるが、日経ビジネスに寄せられていた柏木孝夫氏の「不愉快」なコラムについて・・・
柏木孝夫、「国民が下した「脱原発」への審判」、日経ビジネスオンライン 2012/12/28)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121222/241429/

まずは柏木氏について。
東京工業大学 特命教授/先進エネルギー国際研究センター長
1946年東京生まれ。1970年東京工業大学工学部卒業、1979年博士号取得。
経済産業省総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長、日本エネルギー学会会長、日本学術会議連携会員などを歴任。長年国のエネルギー政策づくりに深く関わっている。

記事の内容は、衆議院選挙結果から「原発ゼロ」は支持されていない、
原子力はベース電源だから止めるべきではない・・・と言った事を力説したのものだった。


原子力がベース電源だか何だか知らないけど、危ない電源なんだから止めなきゃ駄目なだけ。
低コストで安定供給出来るベース電源を、皆で考えて、頑張って作れば良いだけの事じゃろーに!

大体、国民が原発を支持しているかのような論法は、読んでいて腹立たしい。なんとも乱暴な論理。

衆議院選挙結果の各政党のマニフェストと得票率から、「原発ゼロ」か否かの二者択一に色分けして、
結局、「はい、支持派が過半数ね」と帰結させている。
馬鹿じゃねーのか、この人。。

そんな一点だけ考えて投票なんかしてねーよっ!
大体、そういう投票させてもらえるんだったら、即 反対です。
(この人の論法でいくと、私は原発支持派になってしまった)


これだけ大きな犠牲を出したから、「心」が嫌だと言っているんです。
この文明社会の主体は人間でしょ?
人間には、「心」、「気持ち」、「感情」というものがあるんです。

「嫌なものは、嫌なんです」

こんな危ないもの、動かし続けたら 駄目でしょ?

「再稼動賛成」と言ってる人は、発電施設の隣に住めるのかなぁ

 

かたや、山家公雄(やまか きみお)さんの記事は、説得力もあり、非常にわかり易かった。
再生可能エネルギーに関する記事 http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121231/241708/

この町の幸せ

首都圏が住みにくいという話を良く聞く。
道路が混む、駅が混む、商業施設が混む…要するに、何処へ行っても人が多い。物価が高い。緑がない、自然が少ない。空気が汚れている。騒音が酷い。水が不味い。ゴミが多い。などなど
首都圏に限らず、大都市にはもれなく付いて来そうな問題ばかりだ。

こちらは、港町・神戸のベッドタウン、裏六甲と呼ばれる地域に住んでいる。
郊外でも市街地に最も近いエリアなので、意外と便利である。

市街地までの距離は、道なりで15km程度。直線距離なら10kmほどだと思う。
電車での通勤だと、40~50分。車でも(道路が混むので)同程度。
小生はバイクで通勤している。
有料道路を使えば、25~30分ほど。料金は、小型自動二輪なら軽車両扱いなので なんと50円だ。
(ちなみに車は600円。高すぎて車で通る気にはなれない)

車で10分も走らないうちに、田園風景の中に身を置く事が出来る。
15分ほど走れば山の中に行く事ができ、満天の星空を堪能できる。

市街地から離れているので、道路の混雑もマシだし、駐車場なども低料金だ。

山あいの町なので、自然に囲まれて緑が多く、空気は美味い。
夜は本当に静かで、夏には虫の声、朝は小鳥のさえずりが耳を楽しませてくれる。

六甲山に登れば、1000万ドルの夜景を満喫出来るし、
15分ほどで波止場から海を眺める事も出来る。

 

良い事ばかり書いたが、ベッドタウンなので通勤ラッシュ時には電車も道路も混雑する。
人口が増えたので水源が淀川からの取水に変わり、水は不味くなった。
山は削られ、マンションや戸建住宅地に変わって、緑も随分減った。
暴走車のクラクションが、近辺一帯に不快感を撒き散らす夜もある。
ゴミにたかるカラスは何処も同じで、時折ゴミが散乱している事だってある。

結局、同じ状況であっても受け止め方如何によって、評価は良くも悪くもなる。

それでもやっぱり、私はこの町に住める幸せを ひしひしと感じる。
良い町だと思う。

米国>中国、アジア新興国>中国、本当に大切な相手

1/16、経済協力開発機構(OECD)と世界貿易機関(WTO)が、
付加価値の流れを追う新しい貿易統計を公表した。

新統計は、実際に生み出した付加価値が、最終的に何処に提供されたのかを把握する。
新たな「付加価値貿易」の統計によると、日本の最大の輸出国は中国ではなく米国となる。

貿易黒字は中韓向けでは殆ど無くなり、米国向けでは360億ドルと6割も増えた。
これは、中韓への半製品などの輸出が、米国の最終消費に行き着いていることを示している。

日本の輸出は、実は米国など先進国の需要に支えられている。

 

日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)が実施した、日中関係に関するアンケート調査。

生産拠点や市場としての中国の重要性に対する認識が著しく低下し、
中国へのビジネス心理が急速に冷え込んでいる事が裏付けられた結果となったそうだ。

今後の中国経済の動向と、日中の外交の方向性を見極め、妥当性の高い方向に軸足を向けねばならない。

ボーイング787機トラブル多発 それでも安全最優先で

ボーイング社の新鋭中型機「787」のトラブル多発を受け、
1/16 米連邦航空局(FAA)が同機の運航を当面見合わせるよう航空会社各社に命じた。

航空会社各社が受ける影響は計り知れない。

新戦略としてB787を担いでいたANA。次代の主力として66機も発注しており、おいそれとは不具合と言いたくない気持ちは理解出来る。

足下では欠航に伴う減収、
中長期的には、設計変更にでもなれば納期遅延となり、
路線変更など様々な悪影響が懸念される。

しかし、しかしである。事は航空機の不具合なのだ。

利用客の生命に関わる問題だ。

安全最重視で事に臨んで欲しいと切に願う。

 

日本からは三菱重工業を始めとした数十社が開発事業に参加しており、日本企業の生産担当比率は合計で35%に上るのだそうだ。

今回の様々な不具合が、日本企業の担当部品外である事を祈るばかりだ。

一握りの人間だけが富む資本主義は間違っている

今日の日経ビジネスオンラインに、「デフレからの脱却は無理なのです」という記事が掲載されていた。

民主党政権時に内閣府・官房審議官(経済財政分析担当)を務めた、埼玉大客員教授・水野和夫氏へのインタビュー記事だ。
アベノミクス」に対して否定的なご意見である。
まあ民主党政権時に政府にいた方なので、ある程度は致し方ないのだろうが…

日米欧などの先進国では、もう経済成長は望めないとの見解を示されている。
そうは言ってもこの十数年、ドイツ・フランスなどはマイナス成長に陥っている訳ではないし、米国に至っては、2009年のリーマンショックを除けば、2~3%の経済成長率を維持している。

日本も中国や韓国に取って代わられた分野を取り返すつもりで頑張れば、安定した数%の成長だって期待出来るのではないか。

経済成長は緩やかな低成長で良く、それを維持するためにもカンフル剤となる成長戦略は必要な筈だ。

.

「『製造業復活』は理解できない」

エネルギー産業を起点にして、機器・装置の生産、インフラの整備など、製造業が活気付く要素はいくらでもあるのではないだろうか。
自動車も10年後には今の家電のようになるとおっしゃっているが、EVはそうならない為の起爆剤だと思う。社会インフラの整備を行政がフォローするなりして、世界最先端の産業に育て上げれば良いと思う。
原子力の次世代エースの育成…太陽光や地熱などの再生可能エネルギーの開発などにも、注力して欲しいところだ。
そうすれば、製造業復活の起爆剤となるだけでなく、その技術をもって海外でのビジネスへと展開も出来る。

脱線するが、化石燃料の「メタンハイドレート」の日本海側の埋蔵量調査は、どうして進まないのだろう???
資源の非産出国であるわが国の、当面のエースとなり得るのに…

.

内需は横ばい・安定期に入ってしまったので、新興国への技術支援などを活発に行って経済発展を支援し、日本の技術や製品をしっかり消費してもらって、それらの国々と優良な関係を築ければ良いと思う。
特に大きな人口を抱えるアジア諸国は「これから」という国も多く、ギブアンドテイクの友好的な関係を持てると良いのだが…
ただし、独り勝ちは良くない。みんなで仲良く発展していける道を模索するべきだ、と思う。

.

さて、そうやってみんなで頑張って経済成長を勝ち取ったとする。

額に汗して涙を堪えて頑張った分、ちゃんと見返りはあるのだろうか。。

一部の多く(のお金)を持てる者だけが、さらに富むような事にはならないで欲しい。
一握りの経営者やオーナーが、(勿論、一般の労働者より多くの報酬を手にすることに異論はないが)
一般の労働者の何百・何千倍もの富を得ているのだとすると、かなりの違和感を覚えざるを得ない。

経済成長しているのに、労働者の賃金が下がり、非正規雇用者が増えていくのだとしたら、
「潤い」は一体何処へ集まっているのだろう。

資本主義の構造上の問題なのか・・・?

コンビニエンスストア

日経の記事に、
コンビニエンスストアの業界全体の店舗数が、かつて『上限』とされた国内5万店を、この10月に突破した」
とあった。
東京の豊洲に日本初のコンビニが誕生してから、40年近く。
市場規模は約9兆2千億円と6兆円強の百貨店を大幅に凌駕し、12兆7千億円のスーパーマーケットに迫る勢いだ。

当初は「若い単身者の冷蔵庫」として注目されたが、主婦を助ける家庭の台所や喫茶店などの役割も担うようになり、今やスーパーや外食をも脅かす存在となった。
男女雇用機会均等法が施行された翌年の1987年、コンビニは公共料金などの収納代行サービスを始めた。
女性の社会進出により、夜などに手軽に支払うニーズが高まるとの読みからだ。
店内で飲食ができ、コピー機やATMがあり、ネット通販の支払や宅配の荷物も受け付けてくれる。
Eat-inの形態は、わが地元兵庫では20数年前から「たいこ弁当」で馴染みがあったが…
最近では、ネット通販の急成長とシニア層の増加にフォーカスし、宅配に力を入れる店舗も出てきている。

その昔、近所にあった何でも売っている店…よろずや(万屋)の平成バージョンとでも言えるコンビニ。
しかし、万屋の形にとどまらず消費形態の移り変わりに反応して、今や消費者の生活に深く絡み合っている。

どんなものでも時代の変化に対応して進化せねば、生き残ることは難しい。人間でも…

空に星が綺麗

空に星が綺麗
作詞、作曲、唄 斉藤和義

歌詞
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=57512

大好きな歌の一つです。
まぁもともとボクは、こういったエール・ソングはみんな好きなのですが。。

何だかふさぎ込んでしまっている大切な友の隣に座り、ポンと肩の一つでも叩いて歌ってあげたい歌です。
そしてこれは、くよくよせずに元気出していこうという、自分自身への応援歌でもあるのだと思っています。

「誰も悪くはないさ きっとそういうもんさ」

そう、誰も悪くない事は多いのです。
自分の受け止め方、感じ方を変えれば、
ネガティブに映っていた事も、ボジティブに感じ取る事が出来るはず。

そんな前向きな気持ちにさせてくれる、
それをホノボノと伝えてくれる、
そんな大切な歌です。


YouTube: 空に星が綺麗

うるう秒

今年の7/1は、他の日より1秒長い。

うるう年は、
地球の公転がちょうど365日ではなく半端な時間だから(365日5時間48分45.216秒)、
その調整の為に挿入される日だが、

うるう秒というやつもあるらしい。

これは、原子時計の世界協定の時刻と地球の自転との誤差を補正する為のもの。

で、3年半ぶりに1秒挿入されるのが、今日。
今日は、
午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に、

「8時59分60秒」が挿入される。


一分一秒を大切に・・・

なんちゃって

樽見の仙桜

春も中盤に差し掛かったこの時期に、気が付けば、やはりこの老大桜に会いに来ていた。

F1010074_2

例年、丁度開花の時期を見計らって
有給休暇を取ってでも、この老大桜に会いに来ている。

今年は特にこの一年に区切りを付けたいという事もなかったが、
それでもこの大先輩に会わないと 私の新年度は始まらない。

ここのところ、この不景気の最中に有難い事に、忙しくしている。

狙い澄ました有給休暇は まさにビンゴで、
快晴の春の空の下、満開の仙桜花を拝む事が出来た。

仕事もボランティアも充実し始めて、2009年前後から断続的に続いていた低空飛行状態も、ようやく雲の上に突き抜けて巡航状態に入った感じだ。
このまま安定期が続いてくれる事を祈るのみ。


こころは強くない
だけど弱くもない
一倉宏 おつかれさまの国

走りを楽しむ極意って?

昨日、神戸マラソンなるものがあった。記念すべき☆第一回☆である♪

東京マラソンに触発されてか、近畿地方でも都市型市民参加マラソンが開催ラッシュとなっている。
昨年から奈良、今年は大阪・神戸、来年には京都で開催される。
※わがまち神戸には、もともとポートピア'81を記念して始まった20kmロードレースを発祥とする、30年の歴史を持つ「神戸全日本女子ハーフマラソン」があった。神戸マラソンは、これの後継となる(と、思う)。

マラソンは健康促進につながる事はもとより、飲食・宿泊やグッズ販売など経済効果もあるだろう。
良い事だ。大いに歓迎する。
競技としても、観るのは大好きだ。Qちゃんのファンだったし。。

しかし、しかし、、で ある。
自分がやるのはなぁ・・・なのだ。
今までだって、幾度となくジョギングを始めては、半月も持たずに止めるのを繰り返してる。
だって、だって、、走るのつまんないんだもーん!

何でみんなは頑張れるんだろー?
ボクだけが極端に怠け者なのだろーか?
「走る」って、苦しいだけで、楽しくないっしょ。

ンムムムーッ! なぞだぁ。。
誰か教えて欲しい、、頑張れる秘訣を。。

最近手足が冷えるんだよナァ~
走って筋肉を活性化させて、基礎代謝を上げれば良いってのは、分かってるんだけどナァ…

義を見て為さざるは、勇無きなり

もう40年背負っている十字架がある。

小学5年生の時、何人かの親しい友達の中に、クラス1のわんぱくガキ大将がいた。
彼は少年野球をやっていて、野球の苦手だったボクと良くキャッチボールなどしてくれた。
彼は勉強は嫌いだったが、スポーツ万能で、ひょうきんな性格からクラスの人気者だった。
互いの家にもよく遊びに行った。
喧嘩になって、ボッコボコに殴られ血まみれになったこともあったが、それでも仲は良かった。
でも関係は対等で、ボクにとっては大切な友達だった。そのはずだった。

ある朝学校に行くと、クラスの男子皆が、ボクと彼ともう一人の友達の3人を無視し始めた。話しかけても何をしても、一切無視。
暫くして訳を問いただすと一人が答えてくれた。
そのガキ大将の彼が気に入らないから、クラス全員で無視することに決めたのだそうだ。
そして、ボクともう一人の友達は、彼と仲が良かったので教えられていなかった。
「どうする?」と迫られ、二人であっさり寝返ってしまった…

ガキ大将の彼は、あっけらかんとした性格で、悪気はないのだがその性格ゆえに、周りの人間を傷付けてしまう事もしばしばあったようだ。
ボクには気を遣ってくれていたのか、はたまたボクが鈍い奴だったのか、傷付けられた事は一度もなかった。
クラスメイト達は多かれ少なかれ不平不満を持っていたようだった。

いじめはどんどん激しくなっていき、最初は無視だけだったのが、次第に残忍な暴行にまでエスカレートしていった。
時悪くクラスは持ち上がりとなり(6年生時のクラス替えはなかったのだ)、残忍ないじめはさらに一年間続いた。
ボクはさすがに暴行には加わらなかったが、助ける事も出来なかった。

春が来て、みんな中学生になった。
許してもらえなくとも、彼にはきっちりと謝りたかった。
しかし、彼は違う校区になるように引っ越していた。
その後、彼とは一度も会えていない。

いまだに時々彼の夢を見る。
「どうする?」とクラスメイトから迫られる、あの瞬間にボクはいる。
そして、いつも、相変わらず寝返ってしまう。。。