世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

無情に訪れた審判の日

・・・なーんて、大げさなw

先週、その日はやって来てしまい、親知らずを抜いた。
私の親知らずは、レントゲンで見るとほぼ真横に、
これ↓より もっと深いところに生えていた。

f:id:ict33:20170329210112j:plain

(1)まず、患部に麻酔の液を塗布。
(2)暫くして、麻酔を何ヵ所かに注射。

さらに暫くして、いよいよ抜歯の施術が始まる。
(3)全く無痛で歯茎を切開。

いよいよドリルで削りながら、親知らずを分割して取り除いていく。
(あごの骨を削らないといけない人もいるそう。私には先生からそんな説明はなかったので、おそらく骨は削ってないと思う)

f:id:ict33:20170329210331j:plain
(4)まず、親知らずの頭の部分を切断。
 空いたスペースを使って、残った根の部分を抜くはずだった。
(5)抜歯用の専用器具(多分、へーベルという器具を使ってたんだと思うけど、見てないので想像)で、幾度もグリグリされた。
  ※へーベル:金属製の大きな耳かきみたいな器具
 が、なかなか抜けない T-T
(6)また、「チュイーン」と、ドリルの登場。
(7)続けて、へーベルでグリグリ、ゴリゴリ。
麻酔が効いているので、全く無痛。
やっぱり抜けないみたい。。

このあと、何度か(6)・(7)の繰り返し。
一番嫌だったのは、ドリル。歯を削ってるので、何だか焦げ臭いような嫌なにおいがした。

やっとこさ、根っこまで抜ける。
(8)歯の抜けた穴を洗浄し、切開部分を縫合。

終わった・・・

抜いた歯を見せてもらったが、5つ~6つに分割されていた。
時計を見ると、実に(1)のスタートから1時間以上も経過していた。

抜歯後、顎が腫れてきた。
そして、痛み。
鎮痛剤を2種類もらっていたが、両方飲まないと治まらなかった T-T
腫れと痛みは、顎が相当のダメージを受けているので、当然と言えば当然の事。
あと2本親知らずが残ってるけど、真っ直ぐ生えてて問題ないとの事なので、もうヤダ、抜かない。
虫歯になってボロボロになるまで放っておくんだ。

暫くは物を食べるのが怖くて、バナナジュースなんかを作って、ストローでダイレクトに喉の奥に流し込んでた。
煙草も吸う気が失せて、おっと、これは健康的 ^^;

まだ鎮痛剤を飲まないと、疼くような頭痛に見舞われる。
そして残念な事に、隣りの奥歯の歯茎に埋もれてしまう部分が、かなり深い虫歯になっていた T-T
事前のレントゲンでその可能性が大きいですと、先生から伺っていたが。。
しかも想定より酷いようで、神経を取り除かないといけないかもしれないとの事。ハァ~

昨日、抜糸をすませた。

そして来週から、また虫歯の治療が始まる。トホホホー