世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

農プロデュースRitzさんの きららベジファクトリー

にいがた産業創造機構が進める「ふるさと起業家応援事業」のビジネスプラン・コンテスト。
https://www.furusato-kigyouka.jp/
先日、最終審査会が開催され、見事Rtizさんのプランは優秀賞の3名に選出された。


事業の柱は、
「廃棄される農産物の付加価値化、育児中の母親と障がい者の働く場作り」
というもの。


規格外となった野菜を一次加工し学校給食などに提供する。
廃工場を加工工場として再生し、保育施設を設けて育児中の母親が働きやすい環境をつくると共に、完全機械化を進めて障がい者が働きやすい工場にする。


Ritzさんは、ご自身が農業法人勤務を経て6次産業プロデューサーとして長年地域に根差して事業を営んできており、そこで突き当たった壁は 地域の抱える課題の「生の声」に他ならない。
人の体温と同じ、赤い血の通う ビジネスプランだと言える。
https://blog.goo.ne.jp/ritz5323/e/cd162fa2c8f245d60b91faa2007a0626
https://blog.goo.ne.jp/ritz5323/e/3eb399dc24134315ba047a4f8396cfb3


この事業が成功し、同じようなイノベーションが全国各地で起きたら、
ニッポンは 今より 幸福感の多い、暮らしやすい国になるんじゃないかな。



ボクには少しばかりのICTのスキルと、ほんの僅かのボランティアに関する知見がある。
これらを用いて、「世の中のモッタイナイ」や「地域の困り事」の解決に役立てたい。


大切なのは、赤い血の通う人の体温の活動をする事。
人と正面から向き合わずして、真実は見えてこない。
その場に身を投じて、共に壁に突き当たり、共に悩むところから始めねば。。


最近、ボクの脳内でちょっとしたイノベーションが起こっている。
トップランナー育成事業」の清水先生に鍵を開けてもらい、
Ritzさんに扉を解き放ってもらった感じだ。
全身にイノベーションを起こし、行動に変革を至らしめるか否かは、ボク自身に掛かっている。