世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

不愉快なコラム 「国民が下した『脱原発』への審判」

少し前になるが、日経ビジネスに寄せられていた柏木孝夫氏の「不愉快」なコラムについて・・・
柏木孝夫、「国民が下した「脱原発」への審判」、日経ビジネスオンライン 2012/12/28)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121222/241429/

まずは柏木氏について。
東京工業大学 特命教授/先進エネルギー国際研究センター長
1946年東京生まれ。1970年東京工業大学工学部卒業、1979年博士号取得。
経済産業省総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長、日本エネルギー学会会長、日本学術会議連携会員などを歴任。長年国のエネルギー政策づくりに深く関わっている。

記事の内容は、衆議院選挙結果から「原発ゼロ」は支持されていない、
原子力はベース電源だから止めるべきではない・・・と言った事を力説したのものだった。


原子力がベース電源だか何だか知らないけど、危ない電源なんだから止めなきゃ駄目なだけ。
低コストで安定供給出来るベース電源を、皆で考えて、頑張って作れば良いだけの事じゃろーに!

大体、国民が原発を支持しているかのような論法は、読んでいて腹立たしい。なんとも乱暴な論理。

衆議院選挙結果の各政党のマニフェストと得票率から、「原発ゼロ」か否かの二者択一に色分けして、
結局、「はい、支持派が過半数ね」と帰結させている。
馬鹿じゃねーのか、この人。。

そんな一点だけ考えて投票なんかしてねーよっ!
大体、そういう投票させてもらえるんだったら、即 反対です。
(この人の論法でいくと、私は原発支持派になってしまった)


これだけ大きな犠牲を出したから、「心」が嫌だと言っているんです。
この文明社会の主体は人間でしょ?
人間には、「心」、「気持ち」、「感情」というものがあるんです。

「嫌なものは、嫌なんです」

こんな危ないもの、動かし続けたら 駄目でしょ?

「再稼動賛成」と言ってる人は、発電施設の隣に住めるのかなぁ

 

かたや、山家公雄(やまか きみお)さんの記事は、説得力もあり、非常にわかり易かった。
再生可能エネルギーに関する記事 http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121231/241708/