読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

明るく逞しい人々、屈託のない人々

水曜日 仕事が終わってから、野宿者の安否確認をする「夜回り」ボランティアなるものを始めた。
路上生活をするに至ったいきさつは人それぞれ、様々な理由があるのだろう。
ここはボランティアの方々が素敵で、実に肩に力の入っていない、自然体の方ばかり。さも、そうする事が当たり前であるかのように・・・

土曜日には、視覚障害者支援のボランティアに初参加して来た。この日は小グループに分かれてディスカッションする、月に一度の交流会の日だった。

これまで当たり前のように何もかもが見えていた人生が、ある日を境に突然光を奪われる・・・、徐々に視界を奪われていく恐怖と悔しさは、筆舌に尽くしがたいものであったろう。
それでも皆さん、本当に明るく逞しく、前へ進んでいらっしゃる。
ホント、頭が下がる。
今日は共感したり感動したり、涙を堪えるのにも必死で、大変な一日だった。

ここのところ何故だか落ち込んでいたのだが、これらのコミュニティに参加したお陰で、随分「元気」を頂戴できた。日曜日は、障害者学習支援ボラに行ってきて、しっかり癒してもらって来よう。

それぞれの人生で傷つき、深い悲しみや苦しみのなかもがいている、悩み相談サイトの友人たちに、
少しでもこの「元気」と「癒し」をあげたい・・・
一日でも早く、僅かでも良くなっていって欲しいと、心から願う。