読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

酒酔い

酒は百薬の長、と言う。
適量であれば、血行促進やストレス発散など、様々な効能がある。
適量であれば・・・で、ある。

二日酔いの朝には、やたらとのどが渇く。
アルコールの利尿作用によって、体が脱水状態となる為である。

摂取されたアルコールは、20%程度が胃から、残りの80%程度は小腸上部から吸収される。
吸収は早く、飲酒後1~2時間でほぼ吸収されると言われている。
胃・小腸から吸収されたアルコールは、門脈という太い静脈に取り込まれる。
そして・・・
 ↓
血液:アルコール
 ↓
肝臓(アルコール脱水素酵素):アルコール→アセトアルデヒド
肝臓(アルデヒド脱水素酵素):アセトアルデヒド→酢酸
 ↓
血液:アルコール、アセトアルデヒド、酢酸
 ↓
筋肉・心臓など:酢酸→炭酸ガス、水、熱エネルギー
 ↓
血液:アルコール、アセトアルデヒド
 ↓
肝臓
といった具合で、体内を廻る事になる。

人はアルコールによって、まず大脳の高位機能から麻痺し始める。
判断力、集中力、抑止力の低下などが、これにあたる。
その結果、脳の低位機能(いわゆる本能的と呼ばれる機能)が表層化する事により、軽い興奮状態となり、気が大きくなったり、気分が良くなったりする酒酔い状態となる。
酩酊感、ふらつき、ろれつがまわらないといった症状も、これに該当する。

アルコールの中間代謝物質であるアセトアルデヒドは、有毒物質である。
心拍数の増加、嘔吐、皮膚の紅潮などの状態を引き起こす。
こちらは、いわゆる気持ち悪くなる酒酔い状態である。
二日酔いの原因物質でもある。

酒は楽しく飲んで、気持ち良く酔いたいものである、・・・などと言っても
そもそも気持ち悪くしか酔えない人もいるというのは、
なんとも可哀相な話である。