読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

グライダー人間

またまた、外山さんネタである。

創造性や主体性などを、飛行機とグライダーにたとえて述べておられる。
確かに、会社でもグライダー人間だらけだ。
若い頃、自分もそうだったのかな?

彼らにエンジンを載っけてやるには、どうしてあげれば良いのか。
年齢的に手遅れかもしれない。
いや、素材の問題だというだけだろう。

昨日の「ホメテヤラネバ」の「思うように育ってくれない君」は、正真正銘のグライダー人間である。
とにかく指示されないと動けない。
典型的な「待ち受けモード人間」だ。
しかも自分に興味の無い仕事となると、スルーしたり、コピペ仕事で片付けようとする。
まさに「やっつけ仕事」。
注意すると、
「気付きませんでした。」

過日この「思うように育ってくれない君」が、本社から2時間弱の工場へ出張した。
私は、ついでに別件の仕事を頼んだ。
その別件の仕事は、彼の不手際で積み残しとなっているもの。
しかも打ち合わせすべき人物がその工場にいる。
その人物に説明と確認をして、業者さんへの手配をするだけの簡単な仕事。

16:30頃、メールで
「時間がなく対応出来ませんでした。明日対応します。」
絶句である。30分もあれば出来るだろうし、なにより当事者がそこにいる。
電話やメールより、折角だから顔をつき合わせて説明した方が良かろーに・・・。

我が社の終業時刻は17:30である。
彼の頭ん中では、いつもより通勤に2時間ほど余分にかかるから、
17:30 -2時間 =15:30
で、流石に15:00の大台に帰りますのメールは気が引けるが、16:00を過ぎれば良いだろうという判断である。その時仕事が積み残されていようがいまいが・・・。
定時内だから残業つかないしね。

この野郎ーっ!
主義主張する時だけは、グライダーから飛行機に変身するのかヨォーッ!
仕事も飛行機のようにガンガンやれヨーッ!
入社6年の中堅、30歳前で奥さんもいる。

あ~っ、血圧が上がりそう・・・、胃がシクシク痛むよ~。
こんな奴は、口が裂けても褒めたくないヨォ~!

当然、私からの指示は当初のものより厳しくなり、業者さんへの手配まで完結させて帰る事となった。
翌日は15分間のハードなお説教もついた。
でも、きっと通じていないんだろーな、同じ事何十回も言ってるし、
空しい~