世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

コンビニエンスストア

日経の記事に、
コンビニエンスストアの業界全体の店舗数が、かつて『上限』とされた国内5万店を、この10月に突破した」
とあった。
東京の豊洲に日本初のコンビニが誕生してから、40年近く。
市場規模は約9兆2千億円と6兆円強の百貨店を大幅に凌駕し、12兆7千億円のスーパーマーケットに迫る勢いだ。

当初は「若い単身者の冷蔵庫」として注目されたが、主婦を助ける家庭の台所や喫茶店などの役割も担うようになり、今やスーパーや外食をも脅かす存在となった。
男女雇用機会均等法が施行された翌年の1987年、コンビニは公共料金などの収納代行サービスを始めた。
女性の社会進出により、夜などに手軽に支払うニーズが高まるとの読みからだ。
店内で飲食ができ、コピー機やATMがあり、ネット通販の支払や宅配の荷物も受け付けてくれる。
Eat-inの形態は、わが地元兵庫では20数年前から「たいこ弁当」で馴染みがあったが…
最近では、ネット通販の急成長とシニア層の増加にフォーカスし、宅配に力を入れる店舗も出てきている。

その昔、近所にあった何でも売っている店…よろずや(万屋)の平成バージョンとでも言えるコンビニ。
しかし、万屋の形にとどまらず消費形態の移り変わりに反応して、今や消費者の生活に深く絡み合っている。

どんなものでも時代の変化に対応して進化せねば、生き残ることは難しい。人間でも…