世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

雲の上の世界

眼下に広がる雲海は
夕日を浴びて金色に輝きながら
ゆったりと後方へと流れる

ここよりさらに上空には
気流に乗っているのか
眼下の雲海の
何倍ものスピードで流れる小さな綿菓子たち

羽田を経つ時は雨だったが
雲の上は何処までも晴れ渡っていた

そして
あたり一面に広がる雲海の隙間からは
時折 海や山や家々が覗いていた

しばし童心に返り
窓外の景色を堪能した

Photo
デジカメを持っていなかったので、写真は借り物です。