世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

肝腎要(1)

一般的には、「かんじんかなめ」と言えば、
心臓の方で

「肝心要」

となる。

「かんじん」までだと、
肝臓と、心臓または腎臓のいずれかで、

「肝心」でも
「肝腎」でも
正しい。

肝臓は心臓より重要とされていたのか・・・

肝臓
その働きは少なくとも500以上あるとされ、これと同機能を持つ化学工場は作れないとも言われるほど多機能であるため、人工臓器としての実用化が非常に難しい臓器である。
再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が働き、機能を維持する。
組織に損傷があっても痛みなどの症状として現れにくく、異常に気付くのが遅れやすい為、「沈黙の臓器」と言われる。

人間だったら、「○○の鏡」なんて言われそうな臓器さんなのだね~

「みんな、肝臓を見習おうよ」