読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

飲んだくれブルース

昨日、中学3年同窓会実行委員会の小集会(という名を借りた飲み会)があった。
実に、既に3回目である。
クラスの同窓会なので、実際そんな大仰なものでもない。
が、準備だ準備だといっては、集まる。

毎回、数名の所在が新たに明らかになる。
わざとゆっくり進めて行っている気配もある。
本番の同窓会は、一体いつになるのやら(笑)
だが、毎回 楽しい。

今回は女の子も参加してくれて、さらに楽しかった。
女の子といってもボクの同級生な訳だから、世間的には立派な「おばちゃん」なのだろうが、
ボクにとってはやっぱり「女の子」のままだった。

そう言うところが、同級生は良い。
それにしても、40歳代の女性は何故あんなに綺麗なままなのか。
男はひたすら小汚くなっていくと言うのに・・・
頭は禿げ上がり、残っていてもバサバサに白いものが混じり、
お腹はデップリとたるみ、顔中シミとシワで汚れ、
・・・言ってて悲しくなるので、もうやめよう。

で、悲しき中年の我が「悪友・旧友・大親友」のE君とM君。
無類の酒好きである。
昔は滅法 酒に強かった。
が、寄る年波には勝てぬのか、最近は衰えも著しい。

23:00 お店を出たところで、
M君はフラフラ、
E君に至ってはろれつも回らぬほどのベロベロ。
にもかかわらず、M君は
「今から三ノ宮へ繰り出す!」

  ※三ノ宮は神戸の中心繁華街。
   ボクたちは三ノ宮より少し西の新開地という繁華街で飲んでいた

ボクは女の子に助けてもらって、無事帰路につく事が出来た。

が、右も左も分からないへべれけのE君は、M君に拉致られ、
哀れ 三ノ宮の街へ強制連行。

翌日、M君の反省の弁のメール

> あれから2人ともわけわからなく、
> 三宮まで行ってバーで5分もたず、
> 「E」をタクシーに乗せるのに1時間かかりました。
> 行き先が言えない位です。(奥様にご迷惑かけました)
> 私もほとんど記憶がありません。すみませんでした。
> やはり年です・・・

正気に戻ると、常識をわきまえた紳士なのだが
「げに恐ろしきは酒の力かな」

で、
彼らを心配して送った
ボクの心優しき労わりのメールが・・・

---------- ----------
> チャモです。
>
> ちゃんと働いてるか~
> 奥さん、怒ってない?
> 今日は真っ直ぐ帰るのだヨ
>
> チャモの良い飲酒講座(その1)
> 「ゆっくり飲め」
>
> チャモの良い飲酒講座(その2)
> あらかじめ飲む量を決めておき、いくら時間が経っても(お店に長居しても)、
> 「決めた量以上は絶対飲むな」
>
> 最近酒に飲まれているそこのキミ、心しておくのぢゃぞ