世の中は 左様然らば御尤も そうで御座るか確と存ぜぬ

地域ボランティアの事や地元の雑多な情報、趣味の話など、気の向くままにボソボソと・・・

ホメテヤラネバ

外山 滋比古(とやま しげひこ)さんの「思考の整理学」なる著書を読んだ。

「ホメテヤラネバ」という記事がある。
タイトル通りの内容なのだが、人を褒めて育てる事は、本当に難しいと思う。

我が娘たちは、いっぱい褒めて育てたつもりだ。
かしこいなぁ、かわいいなぁ、よく頑張ったなぁ、偉かったなぁ・・・
その甲斐あってか、すくすくと育ってくれたと思う(←親バカ)

ミニバス教室でも、極力子ども達の長所を探して、褒める。
あまり親にも褒められた事のなさそうな子などは、本当に嬉しそうに頑張る。

しかし、部下に対しては、ホントに難しいと思う。
相当厳しい上司である事は、自分でも認識している。
怒鳴りつける事もしばしば・・・

しかし、「思うように育ってくれない君」がいる事も、また事実。。。
あれは褒めたら伸びるのだろうか・・・
かつて褒め続けた事もあったゾ。
「育ってくれない君」は調子ぶっこいただけだったゾ。

「ホメテヤラネバ」
心底、そうは思えない人間がいるのも、この世の現実だと
つくづく思う。